【ロンドン時事】ロンドン北部フィンズベリー・パーク地区で19日未明(日本時間同日朝)、モスク(イスラム礼拝所)の近くにいたイスラム教徒らの列にワゴン車が突っ込む事件があり、警察によると、男性1人が死亡、10人が負傷した。警察はテロと断定し、運転していた47歳の男を殺人未遂容疑で逮捕。その後、テロ容疑や殺人容疑を追加した。イスラム教徒を狙ったテロとの見方もあり、テロ対策班を中心に朝から本格的捜査を開始した。
 メイ首相は19日朝、治安閣僚会議を招集し対応を協議した。会議後に官邸前で声明を読み上げ、「日常生活を送る普通の無実の人々がまた標的となった。今回は在英のイスラム教徒だった。最近の一連のテロ攻撃と同様、胸が悪くなるような事件だ」と非難。「テロと過激主義、憎悪はいろいろな形を取る。誰に責任があるにしろ、それらに取り組む決意は同じでなくてはならない」とし、事件に厳しい姿勢で対処する考えを強調した。
 警察幹部は同日朝の記者会見で「被害者は全員がイスラム教徒だった」としながらも、「犯行の動機を断定するのは時期尚早だ」と語った。死亡した男性は、事件前に体調不良で手当てを受けていた。ワゴン車は男性を助けようと集まった人たちを狙って突っ込んだとされる。
 捕まった男は白人だが、身元は明らかにされていない。逮捕後、精神鑑定のため、病院に搬送された。報道によれば、目撃者は男が周囲の人々に取り押さえられた際、「すべてのイスラム教徒を殺害する」「自分の役目を果たした」と叫んだと証言した。英イスラム教徒評議会は「イスラム憎悪が動機とみられる」との声明を出した。 (C)時事通信社