【ビジネスワイヤ】がん個別化治療の推進に取り組む国際団体のWINコンソーシアムは、製薬企業の独メルクが会員として加入したと発表した。メルクは米国とカナダでEMDセローノの社名で営業している。WINコンソーシアムは、学術・製薬・バイオテクノロジー・患者支援の各分野から40組織が加入する世界的ネットワークで、バイオマーカーを駆使したがん治療薬の臨床試験を世界規模で推進している。今月26~27日にパリでWIN2017シンポジウムを開催し、グローバル共同研究戦略を発表する。(C)時事通信社