日本臓器移植ネットワークは20日、岐阜県立多治見病院に低酸素性脳症で入院していた10歳以上15歳未満の男児が臓器移植法に基づく脳死と判定され、家族が臓器提供に同意したと発表した。15歳未満の脳死判定は15例目。
 男児の家族は「『もし自分に何かあったら病気で苦しんでいる人を助けてあげたい』と話していました。息子の優しさや思いが次の方へつながっていけば、息子も喜んでくれると思います」とのコメントを出した。 (C)時事通信社