【ワシントン時事】米上院共和党トップのマコネル院内総務は20日、医療保険制度改革(オバマケア)代替法案を来週にも採決したい意向を明らかにした。上院案が可決されても、5月に承認された下院案との調整が必要で、トランプ大統領が公約に掲げた政策の実現のめどは依然として立たない状況だ。
 上院は、独自に修正を加えた内容を22日に公表する。採決前に、独立機関の議会予算局(CBO)が財政への影響など、新たな試算を公表する見通し。公約実現の成果に乏しいトランプ氏は、オバマケア代替制度や税制改革などの早期具体化に向け、共和党執行部への働き掛けを強めている。 (C)時事通信社