【ビジネスワイヤ】手術支援ロボット技術の米トランスエンテリックスは、同社のロボット手術システム「Senhance」を埼玉医科大学国際医療センターに販売したと発表した。腹腔鏡手術に使用するSenhanceは、触覚フィードバック制御やアイセンシング・カメラ制御の機能を備える。再利用が可能で、従来の腹腔鏡手術と同程度の手術コストを実現。今回の販売では医師による輸入制度を利用しており、同システムの広範な市販は日本で承認されていない。(C)時事通信社