【グローブニューズワイヤ】国際美容外科学会は、2016年に実施された世界美容形成処置に関する調査結果を発表した。それによると、外科的および非外科的美容処置は全体で9%増加した。上位5カ国は米国(17.9%)、ブラジル(10.7%)、日本(4.8%)、イタリア(4.1%)、メキシコ(3.9%)の順だった。男女別では、女性が86.2%を占め、件数は2036万2655件だった。女性の処置を人気順に見ると、1位は豊胸(シリコン注入)で、以下、大陰唇形成処置、まぶたの手術などと続く。(C)時事通信社