岡山大病院(岡山市)は2日、脳死と判定された女性の左右の肺の使える部分を合わせて左肺を作り、別の女性に移植する世界初の手術に成功したと発表した。状態が悪く移植に適さなかった肺も、活用の道が広がる可能性があるという。
 同病院によると、移植を受けたのは岡山県に住む50代女性。2007年に肺気腫を発症し、11年に右肺の移植手術を受けたが、左肺の症状が悪化したため臓器移植ネットワークに登録し、待機していた。
 臓器提供者は脳死と判定された鹿児島県の女性で、両肺とも「下葉」と呼ばれる下半分の状態が悪く、通常の移植は不可能だった。このため、比較的機能を保っていた左右の上葉を組み合わせ、左肺を作って移植した。
 手術は1日午後1時半ごろから約9時間で終了した。女性は人工呼吸器を使いながら移植した肺で呼吸しており、3カ月ほどで退院する見通し。 (C)時事通信社