日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で作業員5人が内部被ばくした事故で、量子科学技術研究開発機構は3日、5人のうち3人が放射線医学総合研究所(放医研、千葉市)に3回目の入院をしたと発表した。
 5人は事故直後から2回入院し、放射性物質の体外排出を促す薬剤の投与を受けてきたが、うち2人は排出量が少なくなったため、投与継続の必要性は少ないと判断された。 (C)時事通信社