塩崎恭久厚生労働相は4日、二川一男事務次官が退任し、後任に蒲原基道老健局長を昇格させる人事を正式発表した。ともに旧厚生省出身。次官級の厚生労働審議官には、旧労働省出身の宮野甚一職業能力開発局長を起用する。国の医療政策の司令塔役となる新たな次官級ポスト「医務技監」には、鈴木康裕保険局長を充てる。いずれも11日付で発令する予定。 (C)時事通信社