厚生労働省は5日、4月に生活保護を受給した世帯が前月より4127世帯少ない163万7405世帯となり、2カ月ぶりに減少したと発表した。3月分は過去最多を更新していた。新たに就労先が見つかり、保護を廃止した世帯が増えたことなどが要因とみられる。 (C)時事通信社