第一三共は5日、米製薬ベンチャーのコヒーラス・バイオサイエンシズ(カリフォルニア州)と共同開発していた関節リウマチの自己免疫疾患治療薬「エタネルセプト」のバイオ後続品(CHS-0214)について、国内での開発を中止するとともに、同社との提携を解消したと発表した。 (C)時事通信社