【グローブニューズワイヤ】遺伝子組み換え操作を行ったマウスモデルの米タコニック・バイオサイエンシズは、ファーマテスト・サービシズのオンコロジーおよび骨疾患臨床前効能サービスに、タコニック社のヒト化マウスモデルを活用する協力契約をファーマテストと結んだ。骨転移は、体の他の部分から癌が広がったときに発生し、乳癌、前立腺癌、肺癌などの下流結果として発生することが多い。ヒト免疫系(HIS)グラフトモデルは、疾患状態に対する免疫系の効果を調査するための主要な研究ツールで、免疫細胞を活性化させる癌治療の効能を調査する方法として急速に広まりつつある。今回のタコニックとファーマテストの協力により、骨転移の調査に使用される初のHISモデルが販売されることになる。(C)時事通信社