年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7日、2016年度末に保有していた国内外の株式と債券の銘柄を公表した。国内株では、時価総額の上位10銘柄のうち8銘柄が前年度末と同じ顔ぶれ。ソニー(9位)、ファナック(10位)が新たに上位入りした。
 国内株は前年度末に比べ87銘柄増えて2207銘柄。時価総額は約35兆円。1位はトヨタ自動車、2位三菱UFJフィナンシャル・グループ、3位NTTで、いずれも前年度末と同じ順位だった。日本たばこ産業(前年度末6位)とNTTドコモ(同10位)はトップ10から姿を消した。 (C)時事通信社