文部科学省は11日、全国の公立小中学校や高校、幼稚園で2016年度、断熱材として使われたアスベスト(石綿)が飛散する恐れのある煙突が、14都道県の227校で275本あるとする調査結果を公表した。同省は自治体に対し、専門業者に相談するなど速やかに対策を講じるよう求めている。
 調査は2回目(前回は14年度)で、公立学校のほか国私立学校や公民館、体育館などの教育施設12万7827カ所を対象に実施。昨年10月1日時点で、アスベストを使った煙突の有無や損傷、劣化状況を調べた。それによると、全施設の0.3%に当たる370カ所の482本で、アスベスト飛散の恐れがあった。 (C)時事通信社