大塚製薬は12日、脳梗塞再発抑制薬である抗血小板剤「プレタール」について、毎日の服薬を支援するプラスチック包装品の承認が得られたと発表した。NECと共同開発したアプリを使って服薬したことを家族や医療関係者にメールで自動送信する別売りの「服薬アシストモジュール」とともに、10月に販売開始する予定。 (C)時事通信社