【ビジネスワイヤ】特許ライセンス一括管理大手の米MPEG LAは、ゲノム編集技術CRISPR-Cas9の共同ライセンシングプラットホーム創設の呼び掛けに応え、マサチューセッツ工科大学とハーバード大学のブロード研究所が特許を提出したと発表した。透明性が確保された共同ライセンスにより、公正な条件下の一括取引で必要な特許のライセンスが可能となる。引き続き特許の提出を受け付ける。(C)時事通信社