皮膚に1週間連続で貼ってもかぶれない特殊な金箔(きんぱく)の電極を開発したと、東京大の染谷隆夫教授や慶応大の天谷雅行教授らが17日付の英科学誌ネイチャー・ナノテクノロジー電子版に発表した。既存の小型計測装置と接続すれば、体温や圧力、筋肉を動かした際に流れる電気などを継続的に測定できる。
 皮膚に貼る電極はこれまで、薄い樹脂フィルムやゴムシートに電線を組み込んだタイプが開発されてきたが、長時間貼ると蒸れたりかぶれたりした。皮膚科医の天谷教授は新開発の電極について、「アトピー性皮膚炎などの患者の指に装着すれば、皮膚をかく動きを24時間モニターして診療に役立てることができる」と話している。
 染谷教授らは水に溶ける樹脂「ポリビニルアルコール」で繊維を作り、紙のように平たく絡み合った状態にした上で、片面に金をコーティングした。皮膚に乗せて霧吹きで水をかけると樹脂が溶け、微細な穴が開いた金箔が皮膚に付着した状態になる。 (C)時事通信社