米控訴裁は17日、武田薬品工業の多発性骨髄腫治療薬「ベルケイド」の特許を有効とした上で、ジェネリック(後発)薬メーカーによる廉価版の生産が可能となる時期を後ずれさせる判決を下した。 (C)時事通信社