京都薬科大(京都市)の高田和幸准教授とシンガポール免疫学研究所の国際研究チームは19日、ヒトやマウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、生まれる前の限られた時期に作られる脳などの免疫細胞を、一度に大量に作ることに成功したと発表した。論文は米科学誌イミュニティ電子版に掲載された。
 この免疫細胞は脳や肺、肝臓などに入り込み、それぞれの場所で病原性微生物を食べるが、誕生前の一時期しか作られないため、研究に利用するのが難しかった。高田准教授は「アルツハイマー病などの研究開発への応用が期待される」と話している。
 国際研究チームは、同じiPS細胞から作製したこの免疫細胞と神経細胞を一緒に培養し、脳特有の免疫細胞「ミクログリア」に近い細胞に分化させた。ミクログリアは、アルツハイマー病の原因たんぱく質「アミロイドβ」を食べる性質がある。同病の発症にアミロイドβの増加が関与しているとされ、今後、創薬や治療法の開発、発症メカニズムの解明に応用できる可能性があるという。 (C)時事通信社