【サンパウロ時事】南米のウルグアイで19日、国の管理の下、嗜好(しこう)用マリフアナの市販が解禁された。同国は前政権下の2013年に世界で初めて大麻の栽培、販売、使用すべてを合法化したが、バスケス大統領は慎重姿勢を示し、細則策定などに時間を要した。
 栽培から流通まで国が認可した2社が独占し、販売は指定された16薬局で行われる。対象は指紋認証システムに登録した18歳以上の市民で、登録者は5000人に達するという。
 価格は1グラム当たり約37ウルグアイ・ペソ(約144円)で、1人当たり1カ月40グラムが上限。転売は禁じられる。 (C)時事通信社