【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモは、スポットチェック用パルスオキシメーター向けの「rainbow Super DCI-miniセンサー」でCEマークを取得したと発表した。動脈血酸素飽和度(SpO2)、ヘモグロビン濃度(SpHb)、カルボキシヘモグロビン濃度(SpCO)、メトヘモグロビン濃度(SpMet)、脈波変動指標(PVi)、灌流指標(Pi)、脈拍数(PR)のすべてを非侵襲的に測定できる初のセンサーとなる。「Rad-67 Pulse CO-Oximeter」と併用すれば、体動時の影響を低減した次世代SpHbを30秒で測定可能。体重3キロ以上の全年齢の患者で使用できる。(C)時事通信社