24日午後3時ごろ、奈良市西大寺南町の駐車場に止めた車の中で、奈良県大和高田市に住む小学4年の男児(9)が意識を失っているのが見つかり、病院搬送後の25日未明に死亡した。県によると、搬送時に医師は熱中症と診断。県警奈良西署が当時の詳しい状況を調べている。
 県によると、男児は母親に連れられて来ており、母親は近くの医療機関へ行き、男児に車の鍵を渡して後から来るように指示。約1時間半後に戻ったところ、男児がぐったりしているのを発見、119番したと話しているという。
 救急隊が駆け付けた際、男児は車の中におり、窓は閉められ、ドアは施錠されていた。24日の市内の最高気温は34.1度だった。 (C)時事通信社