エーザイは27日、抗てんかん薬「フィコンパ」について、脳の一部で電気信号の異常が起こる「部分発作」の際に単剤で利用できることが米食品医薬品局(FDA)から承認されたと発表された。従来、併用療法で使用されていたが、新たな臨床試験をしなくても同様の効果と安全性を認めるべきだとの米医学会の推奨を受け、FDAが初めて臨床試験を経ずに承認した。 (C)時事通信社