【グローブニューズワイヤ】画期的な心臓サポートテクノロジーの有力プロバイダー、米アビオメッド社は、2018年度第1四半期(今年4-6月)の売上高が1億3250万ドルに達し、前年度同期の1億0300万ドルを29%上回ったと発表した。GAAP純収益は3740万ドル(前年度同期は1290万ドル)だった。また同社は最近、日本の厚生労働省からインペラ2.5およびインペラ5.0心臓ポンプの医療費償還の承認を受けたという。(C)時事通信社