厚生労働省と文部科学省は31日、合同で専門委員会を開き、大阪府内のクリニックが国内で初めて申請した受精卵作製を伴う不妊治療研究の計画の審査を始めた。不妊治療研究の目的で受精卵を作る場合は国の審査が必要。
 申請されたのは、成熟していない卵子を体外で培養して成熟させる「体外成熟培養」を行い、受精させる研究。同日の委員会では実施を認めるか結論が出ず、審査を継続することになった。
 不妊治療では、成熟した卵子を採取して体外で受精させ子宮に戻す方法が主流だが、未成熟の卵子しか採取できない場合も少なくない。この場合、体外成熟培養を試みる医療機関もあるものの、成功率の低さが指摘されてきた。今回の研究では複数の培養方法を試み、効果的な方法を探るという。 (C)時事通信社