【ニューデリーAFP=時事】おじから何度も暴行を受けて妊娠したインドの10歳の女児が17日、女の赤ん坊を出産した。医師が明らかにした。女児の両親は最高裁に対し堕胎許可を求めたが、法律上堕胎できる妊娠20週を過ぎていたため却下された。
 医師は「帝王切開で出産した。赤ん坊は2200グラムで、母子ともに健康だ」と説明した。PTI通信によると、両親は女児に、腹の中にできた石を除去するための手術だと説明。女児は出産したことに気付いておらず、赤ん坊は里子に出されるという。おじは既に逮捕されている。 (C)時事通信社