厚生労働省は2018年度、介護職員を増やす一環で、未経験者に介護保険制度の仕組みや衣類の脱ぎ着など基本的な介助の方法を教える全国一律カリキュラムの入門研修制度を創設する方針を固めた。都道府県などが中心となって行うことを検討。主に中高年層の参加を見込んでいる。介護の仕事に対する心理的ハードルを低くし、人手不足に悩む業界で働くきっかけにしてほしい考えだ。
 同省は18年度予算概算要求に関連経費を盛り込む方向で調整。具体的な制度設計は今後詰める。 (C)時事通信社