埼玉県は21日、同県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」内にある総菜店「でりしゃす籠原店」が販売したポテトサラダを食べた8人が、腸管出血性大腸菌O157による食中毒を発症したと発表した。うち5歳の女児が溶血性尿毒症症候群(HUS)で意識不明の重体。他に4歳男児と60歳女性が入院しているが、快方に向かっているという。
 熊谷保健所は21日から3日間、でりしゃす籠原店を営業停止処分にした。
 県によると、8人は県内在住。今月7、8日に同店が加工販売した「ハムいっぱいポテトサラダ」「リンゴいっぱいポテトサラダ」を食べた後、腹痛や下痢などを訴えた。うち6人の便からO157が検出され、県は検出されなかった2人もO157で発症したと判断した。 (C)時事通信社