埼玉県熊谷市の総菜店「でりしゃす籠原店」が販売したポテトサラダを食べた8人が腸管出血性大腸菌O157による食中毒を発症した問題で、県は22日、新たに同店で4人、市内の系列店「でりしゃす熊谷店」で1人の計5人の患者を確認したと発表した。
 2店が販売したポテトサラダを食べた患者は4~69歳の計13人となり、うち9人の便からO157が検出された。溶血性尿毒症症候群(HUS)で重体の女児(5)を含め、入院中の3人は快方に向かっているが、退院のめどは立っていない。
 他に、県外にある系列店が販売したポテトサラダを食べた前橋市在住の1人が健康被害を訴え、便からO157が検出された。
 3店は群馬県高崎市の食品工場からポテトサラダの食材を仕入れており、県は同市に工場の調査を依頼した。 (C)時事通信社