京都大の岩田博夫名誉教授(再生医学)とパナソニックは23日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の自動培養装置を開発し、創薬メーカーや大学など研究機関向けに販売を開始したと発表した。同様の装置は既に、川崎重工業から販売されているが、価格が約半額の5000万円と安価にした上、コンパクトなサイズとなっている。 (C)時事通信社