【ワシントン時事】トランプ米大統領は24日、連邦政府の債務上限引き上げ問題をめぐり、与党共和党執行部をツイッター上で批判した。トランプ氏は、同党が自分の提案に従わず「混乱が起きている」とし、政策の停滞にいら立ちをあらわにした。議会が今秋までに債務上限を引き上げなければ、米国債はデフォルト(債務不履行)に陥る可能性がある。トランプ氏と同党の不協和音が表面化し、金融市場では懸念が強まっている。
 トランプ氏は、マコネル上院院内総務とライアン下院議長を名指しし、反対を受けにくい退役軍人支援法に債務上限引き上げ措置を盛り込むよう求めたが、「彼らはそうしなかった」と批判。そのために上限引き上げを通すのが難しくなったと主張し、両氏に責任を押し付けた。これに対し、ライアン議長は米CNBCテレビで、デフォルト回避には「多くの選択肢がある」と受け流した。 (C)時事通信社