【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモは、同社のPVi(脈波変動指標)技術が目標指向型輸液療法に有用であることを示す研究の結果を発表した。PViは、呼吸周期で発生する灌流指標(PI)の動的変化を非侵襲的かつ連続的に測定したもの。トルコの大学で実施された研究では、腹腔鏡下肥満治療手術大腸手術のルーワイ胃バイパス術(RYGB)を受ける患者で、輸液管理の手法として同技術と標準法を比較。その結果、PVi群で輸液注入量が有意に少なく、両群で手術前後のクレアチニン値などに有意差はなかった。(C)時事通信社