東京や大阪などのクリニックで起きた臍帯(さいたい)血の無届け投与事件で、違法投与された患者が約20都道府県にいることが28日、愛媛や高知、京都など4府県警の合同捜査本部への取材で分かった。日本人だけでなく、中国人など外国人への違法投与も確認されているという。
 捜査本部は同日、茨城県つくば市の臍帯血販売業者の代表取締役篠崎庸雄(52)、実際に無届けで投与したとされる「表参道首藤クリニック」院長の医師首藤紳介(40)ら6容疑者を、再生医療安全性確保法違反の疑いで送検した。
 捜査本部によると、無届けで違法投与された患者は少なくとも約20都道府県で確認された。うち約3割は外国人で、中国人が多いという。捜査本部は広域的な違法投与事件の全容解明を目指す。 (C)時事通信社