ダウン症で神経細胞の増加を抑制している遺伝子を特定したと、京都大の萩原正敏教授らの研究グループが発表した。遺伝子の働きを抑えて神経細胞を増やす化合物も発見し、マウスの実験で効果を確認した。論文は5日以降、米科学アカデミー紀要に掲載される。
 ダウン症は、主に21番染色体が通常より1本多い3本あることで遺伝子が過剰に働き、知的障害や心疾患などを引き起こす。出生前の診断は可能だが、根本的な治療法はない。
 研究グループは、ダウン症の人で多く発現している遺伝子「DYRK1A」の働きを抑え、神経細胞のもとになる神経幹細胞の増殖を促す物質を717種の化合物から発見し、「アルジャーノン」と名付けた。
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使ってダウン症の人の細胞を再現して化合物を加えると、神経幹細胞の増殖機能が健康な人と同じくらいまで改善した。
 妊娠したダウン症のマウスに化合物を5日間投与すると、生まれる3~4日前の子マウスの大脳皮質は、通常のマウスとほぼ同じ厚さになった。生まれたダウン症マウスの行動を解析すると、認知機能は通常のマウスとほぼ同じレベルだった。 (C)時事通信社