【グローブニューズワイヤ】国際肺がん学会(IASLC)は、横浜で10月15~18日に開催される第18回世界肺がん学会議(WCLC)のために選択されたアブストラクト(摘要)を発表した。同会議では世界一流の研究者、医師、看護師、アドボケート(支援者)が研究のプレゼンテーションを行い、外科、放射線科、標的治療、免疫療法、患者アドボカシーなどの様々なカテゴリーで、肺がんの予防、治療、科学に関する最新の進歩について報告する。(C)時事通信社