厚生労働省は13日、2015年度に病気やけがの治療で医療機関に支払われた国民医療費(確定値)が、前年度比3.8%増の42兆3644億円だったと発表した。1人当たりでは3.8%増の33万3300円で、医療費全体、1人当たりとも9年連続で過去最高を更新した。高齢化の進展や医療技術の進歩が主な要因で、13、14年度に続き40兆円の大台を突破した。
 年齢階層別では、65歳以上の高齢者の総額は25兆1276億円となり、全体に占める割合は0.7ポイント増の59.3%となった。1人当たりでは、65歳未満が18万4900円だったのに対し、65歳以上が74万1900円と4倍の開きがあった。
 財源は保険料が20兆6746億円と半分弱を占めた。国と地方分を合わせた公費は16兆4715億円、患者負担は4兆9161億円だった。
 疾病別では、高血圧症など「循環器系の疾患」が5兆9818億円で最も多かった。次いでがんなどの「新生物」が4兆1257億円、リウマチなど「筋骨格系と結合組織の疾患」が2兆3261億円、肺炎など「呼吸器系の疾患」が2兆2230億円だった。
 1人当たりの医療費を都道府県別でみると、高知が44万4000円で最も高く、長崎41万1100円、鹿児島40万6900円と続いた。最も低いのは埼玉で29万900円だった。 (C)時事通信社