100歳以上の高齢者が15日時点で6万7824人に上り、47年連続で最多を更新したことが15日、分かった。厚生労働省が住民基本台帳を基に集計し、敬老の日を前に公表した。女性が88%を占め、昨年の同じ時期と比べ2102人増加。男性も30人増えた。
 100歳以上の人数は統計を取り始めた1963年に153人だったのが、98年に1万人を突破。2007年に3万人台に達し、この10年間で倍増した。
 人口10万人当たりの100歳以上の人は53.43人。都道府県別で島根が5年連続の長寿1位となる97.54人で、鳥取92.11人、高知91.26人などが続く。一方、高齢者率が低いのは埼玉32.09人、愛知35.01人、千葉37.83人の順だった。
 国内最高齢は鹿児島県喜界町の117歳、田島ナビさん。男性は北海道足寄町の112歳、野中正造さん。
 今年度中に100歳を迎える人は350人増の3万2097人(男性4636人、女性2万7461人)に上る。厚労省は「長年にわたる社会貢献に感謝する」とし、自治体を通じてお祝い状と記念の銀杯を贈呈する。 (C)時事通信社