医師らが適切な処置を怠ったために胎児が死亡したとして、痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)で出産した女性と夫が19日までに、順天堂医院(東京都文京区)を運営する学校法人順天堂と担当医らに約1億4000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。提訴は15日付。
 訴状によると、女性は2015年2月、陣痛が始まったため順天堂医院に入院。陣痛促進剤と麻酔を投与された後、子宮破裂を起こし、一時心肺停止となった。胎児は帝王切開で取り出されたが、死産したとの説明を受けたという。
 代理人の貞友義典弁護士は記者会見し、「『24時間麻酔医が常駐しているので安全』とうたっているが、お粗末極まりない」と病院側の対応を批判。高度医療を提供する特定機能病院の承認を取り消すよう、厚生労働省に申し入れたことを明らかにした。
 順天堂医院の話 訴状を見ていないのでコメントできない。 (C)時事通信社