女性を酒に酔わせ暴行したとして、準強姦(ごうかん)罪に問われた東京慈恵会医科大病院の医師松岡芳春被告(32)=休職中=の論告求刑公判が27日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)であり、検察側は懲役4年6月を求刑した。弁護側は改めて無罪を主張し結審した。判決は10月26日。
 検察側は論告で「罰ゲームとして酒を飲ませ、泥酔状態を利用し暴行した。計画的で悪質だ」と指摘。弁護側は、被害者の証言は信用できず、被告は暴行に関与していないと主張した。
 起訴状などによると、松岡被告は昨年8月、東京都大田区のマンションで、元研修医の上西崇被告(32)=同罪などで懲役5年確定=らと共謀し、当時20代の女性を酒に酔わせて抵抗不能にさせ、暴行したとされる。 (C)時事通信社