家庭内などで子どもがたばこの煙を吸わないよう努めることを求める条例が5日の東京都議会本会議で、小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」や公明党などの賛成多数で可決、成立した。私的な空間で禁煙の努力義務を課す条例の制定は全国初。罰則は設けていないものの、国に先行した取り組みは他の自治体にも影響を与えそうだ。来年4月に施行する。
 「子どもを受動喫煙から守る条例」は、18歳未満の子どもの受動喫煙防止を都民の責務と規定。保護者らに対し、▽子どものいる自宅や自動車の中で喫煙しない▽受動喫煙防止措置の講じられていない施設に子どもを立ち入らせない-などを求めている。公園内や学校、病院などの周辺で子どもの受動喫煙を防止することも努力義務とした。
 条例は都民ファーストと公明党、民進党が共同提案した。自民党は「家庭など私的空間を条例で規制するのは、慎重かつ十分な審議が必要だ」として反対に回った。 (C)時事通信社