【グローブニューズワイヤ】横浜で始まった国際肺がん学会(IASLC)の第18回世界肺がん学会議(WCLC)では、初回の記者会見が15日に行われ、極めて優秀な医療チームを表彰する新規の賞の設立、看護師向けの新しいガイドラインの導入、次世代の研究者を育成するプログラムなどを含め、肺がん治療およびその他の胸部悪性腫瘍の治療を奨励・サポートするイノベーションについて発表した。記者会見の冒頭では、横浜における今年の会議を成功させるために努力した共同議長である浅村尚生博士およびキューンチル・パーク博士が歓迎の辞を述べた。(C)時事通信社