【ソウル時事】韓国を訪れた松山政司少子化対策担当相は19日、人口問題担当の朴凌厚・保健福祉相とソウル市内で会談し、少子・高齢化問題に共同で取り組んでいくことで合意した。
 松山担当相は会談後の共同記者会見で、「共通の課題がたくさんあることが確認できた。情報交換、議論をしながら解決していきたい」と強調。「日韓関係を未来志向なものへと発展させるべく、少子化対策をはじめ、さまざまな分野で協力が強化され、関係が前進していくことを期待する」と語った。朴・保健福祉相も「両国の担当者が継続的に会い、協議していくことにした」と述べた。 (C)時事通信社