広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

トレーニング用マネキンの市場、2021年~2028年にCAGR11.2%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「トレーニング用マネキンの世界市場予測(2028年まで):COVID-19の影響、タイプ別・用途別の分析」(The Insight Partners)の販売を2022年3月22日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1064260-training-manikins-market-forecast-covid-impact.html





トレーニング用マネキンの市場規模は、2021年の26億389万米ドルから2028年には12億3,561万米ドルに達すると予測されおり、11.2%のCAGRで成長すると推定されています。
トレーニング用マネキンは、気道、臓器、器官系をシミュレートした成人、小児、幼児の人間のレプリカです。CPRや高度な気道管理、外科手術の指導・訓練に使用されます。トレーニング用マネキンは、全身またはトレーニングやデモンストレーションに必要な関連する身体部分のみのタイプがあります。トレーニングマネキンは、1950年代からCPRの実演やトレーニングに使用されています。ロボット工学やその他の技術の利用により、マネキンの応答性フィードバックがさらに改善され、より良い学習体験に役立っています。

市場動向
院外心停止と心肺蘇生法(CPR)トレーニングおよび意識向上プログラムの普及がトレーニング用マネキン市場を牽引

The Global Survival Rate Among Adult Out-Of-Hospital Cardiac Arrest Patients Who Received Cardiopulmonary Resuscitation.と題された研究が発表されました。A Systematic Review and Meta-Analysis," は2020年に発表され、バイスタンダーまたは救急医療サービスからCPRを受けた、特定の地域に住んでいるOHCA患者の生存率を評価しました。この研究では、過去数年間にOHCAからの生存率が大幅に上昇し、CPRを受けた患者で、欧米諸国に居住している場合にその割合が大きいことが報告されています。

トレーニング用マネキンの最も一般的な用途の1つは、CPRのトレーニングを行うことです。心血管疾患(CVD)は、世界的に罹患率および死亡率の主要な原因となっています。世界保健機関(WHO)の推計によると、CVDが原因で失われる命は1,790万人、すなわち全世界の死因の32%に相当すると毎年報告されています。
CVD関連の死亡原因の5分の4は、心臓発作と脳卒中によるものです。心肺蘇生法(CPR)に関する意識は、欧米諸国では高いです。2019年に欧米で発生した院外心停止(OHCA)は~70万件で、このうちかなりの割合が家庭や公共の場で発生しています。英国では、Advanced Coronary Treatment(ACT)財団がブリティッシュ・コロンビア救急医療サービス(BCEHS)に関連する中高生向けのトレーニングプログラムを導入しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1064260-training-manikins-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)