広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

皮膚がん診断市場、2028年には54億845万米ドル規模に到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「皮膚がん診断の世界市場予測(2028年まで) - COVID-19の影響と世界市場分析:タイプ別・スクリーニングタイプ別」(The Insight Partners)の販売を2022年3月22日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1064236-skin-cancer-diagnostics-market-forecast-covid.html





皮膚がん診断市場は、2021年の33億6,446万米ドルから2028年には54億845万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は7.2%と予想されています。
皮膚がんとは、皮膚細胞が異常に増殖することを意味します。日光にさらされた部位に発症します。紫外線が細胞内の遺伝物質(DNA)を変化させ、皮膚がんの主な原因となります。皮膚がんは、がんの中で最も一般的なもので、メラノーマと非メラノーマに大別されます。診断には、CTスキャン、MRI、PETスキャン、骨スキャン、胸部X線などの画像診断ソリューションが使用されます。皮膚がん診断市場には、化学療法、標的療法、免疫療法、放射線療法、凍結療法、皮膚がんの治癒を助ける削り取り療法などが含まれます。

皮膚がん診断市場は、タイプ、スクリーニングタイプ、地域によって区分されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋地域、中東・アフリカ、中南米に大別されます。当レポートでは、世界の主要な皮膚がん診断市場プレイヤーの競争環境分析とともに、市場動向、技術的進歩、市場力学などのパラメータに重点を置いた、皮膚がん診断市場の洞察と詳細な分析を提供しています。

市場動向
皮膚癌の発生率の増加が皮膚癌診断薬市場の成長を促す
世界保健機関(WHO)によると、2020年には、世界中で1,000万人の死亡ががんで占められています。乳がん、肺がん、結腸・直腸がん、前立腺がん、皮膚がん、胃がんは、その年に世界でよく見られるタイプでした。WHOのデータによると、2020年に報告された新患のうち、~120万人が皮膚がんの患者でした。皮膚がんは、すべてのがんの中で圧倒的に多いがんです。皮膚がんには、メラノーマと非メラノーマの2種類があります。メラノーマは皮膚がん全体の1%程度ですが、皮膚がんによる死亡者数は最大となっています。皮膚がん財団によると、2012年から2022年の間に、侵襲性黒色腫の年間診断数は31%増加しました。GLOBOCAN 2020によると、2020年には、1810万件の非黒色腫皮膚がんを除く、1930万件のがんが新たに登録されるとされています。いくつかの国では、がんに対する意識向上と早期診断のための国家プログラムを採用しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1064236-skin-cancer-diagnostics-market-forecast-covid.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)