広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

生細胞イメージング市場、2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「生細胞イメージング市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を3月22日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc1046039-live-cell-imaging-market-global-industry-trends.html




市場の概要
世界の生細胞イメージング市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約8%のCAGRで成長すると予測されています。

生細胞イメージングは、細胞構造をin vivoでイメージングすることができる顕微鏡技術です。この技術により、科学者は分子の局在や動きなど、生物学的プロセスに関する貴重な情報を時間分解能で取得することができます。また、分子間の動的な複合体形成や相互作用、ウイルス粒子の挙動、環境的な合図に対する細胞応答の研究にも役立ちます。アルゴリズムやデータ解析などの技術の進歩により、生細胞イメージングは動物内の分子をモニターすることができるようになりました。

市場の動向
慢性疾患や生活習慣病の発生率が大幅に増加していることと、医療提供の拡大が相まって、新世代の医薬品や製剤のニーズが高まっています。これは、市場にポジティブな影響を与える主な要因の一つです。また、生細胞イメージングは動的な細胞の代表であるため、エンドサイトーシス、エキソサイトーシス、細胞の完全性、タンパク質輸送、シグナル伝達、酵素活性のモニタリングに使用することができます。そのため、高い照度と長い露光時間を必要とする固定細胞イメージングよりも、世界中で採用が進んでいます。さらに、カメラ技術、画素密度、感度の向上により、定量的位相差撮影技術が進歩しています。これにより、1回の露光で異なる焦点面の画像を撮影できるようになり、より優れた3次元(3D)イメージングが可能になりました。また、これらの画像は自動的に処理され、動的な細胞から情報を抽出することができるため、世界中の研究者が生細胞イメージングを使用して生物学的に関連するデータを取得しています。加えて、医療研究開発(R&D)プロジェクトにおける政府の資金援助や民間企業による投資の増加が、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分
世界の生細胞イメージング市場は、製品、アプリケーション、技術に基づいて分類されています。

製品別の市場区分
・装置
・消耗品
・ソフトウェア

アプリケーション別の市場区分
・セルバイオロジー
・発生生物学
・幹細胞・創薬
・その他

技術別の市場区分
・タイムラプス顕微鏡
・光退色後蛍光回復法(FRAP)
・蛍光共鳴エネルギー移動法(FRET)
・ハイコンテンツスクリーニング(HCS)
・その他

市場の競合状況
世界の生細胞イメージング市場における主要な企業としては、Becton Dickinson and Company、Carl Zeiss AG、Leica Microsystems (Danaher Corporation)、Merck KGaA、Nikon Instruments Inc.、Olympus Corporation、PerkinElmer Inc.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1046039-live-cell-imaging-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)