広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

エピジェネティクス市場、2021年から2026年にかけて約16%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「エピジェネティクスの世界市場:業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を3月18日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc1046034-epigenetics-market-global-industry-trends-share.html




市場の概要
世界のエピジェネティクス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約16%のCAGRで成長すると予測されています。

エピジェネティクスは、活性および不活性遺伝子の発現における遺伝的変化の研究を指します。変化の原因は、環境要因による外的要因と、年齢や病気などの内的要因の両方が考えられます。一般に、基礎疾患の診断や、次世代への遺伝を防ぐために利用されています。様々な酵素、シーケンサー、スペクトロメーター、ソニケーターなどの機器、試薬、キットが使用されます。これらは、デオキシリボ核酸(DNA)やヒストンのメチル化、非コード化リボ核酸(RNA)、アセチル化、リン酸化によく利用されます。そのため、エピジェネティクスは、腫瘍、自己免疫、代謝、心血管、疼痛疾患の診断、モニタリング、治療に広く利用されています。

市場の動向
世界中でがんや自己免疫不全症候群(AIDS)が増加していることは、市場成長を促進する重要な要因の一つです。また、がん以外の疾患に対するエピジェネティック・ソリューションの広範な採用が、市場成長の推進力となっています。コロナウイルス(COVID-19)の突然の発生及び感染拡大も、市場参加者に成長の機会を与えています。例えば、さまざまな研究機関が、ウイルスがヒトゲノムに与える影響を研究するための高度なエピジェネティック検査を実施しており、早期認識、リスク評価、個別化治療の開発に向けたツールの開発を進めています。さらに、アセチラーゼ、メチルトランスフェラーゼ、逆転写酵素、リガーゼなどのDNAおよびRNA修飾酵素の開発、高感度で選択性の高い検査や機器の発売も、市場成長を促す要因として作用しています。これらの技術革新は、ゲノム上の遺伝子座特異的なDNAメチル化の評価を容易にしています。その他、バイオテクノロジー分野における広範な研究開発活動や、特に発展途上国における医療インフラの大幅な改善などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分
世界のエピジェネティクス市場は、製品、技術、用途に基づいて分類されています。

製品別の市場区分
試薬
キット
・チップシーケンスキット
・ホールゲノムアンプリフィケーションキット
・バイサルファイト変換キット
・RNAシーケンスキット
・その他
機器
酵素
サービス

技術別の市場区分
・DNAメチル化
・ヒストン・メチル化
・ヒストンアセチル化
・大型非コードRNA
・マイクロRNA修飾
・クロマチン構造

用途別の市場区分
・オンコロジー
・固形がん
・液状腫瘍
・非がん領域
・炎症性疾患
・代謝性疾患
・感染症
・循環器系疾患
・その他

市場の競合状況
世界のエピジェネティクス市場における主要な企業としては、Abcam plc、Active Motif Inc.、Agilent Technologies Inc.、Diagenode Diagnostics(Hologic Inc.)、Illumina Inc.、Merck KGaA、PerkinElmer Inc.、Roche Holding AG、Thermo Fisher Scientific Inc.、Zymo Research Corporationなどが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1046034-epigenetics-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)