美容・健康 自然・環境

ファーメンステーションのオーガニック認証 発酵化粧品原料がユーグレナ社のライフスタイル新ブランド「lavita ORGANICS(ラビタオーガニクス)」で全面採用

株式会社ファーメンステーション
オーガニック認証米もろみ粕エキスをスキンケア、ヘアケア、ボディケアの共通成分として採用した商品が2022年5月より発売開始


  独自の発酵技術で未利用資源を再生・循環させる社会を構築する研究開発型スタートアップの株式会社ファーメンステーション(本社:東京都、代表取締役:酒井 里奈、以下ファーメンステーション)が提供する、有機米を発酵し抽出したオーガニック認証エキス「米もろみ粕エキス」が、株式会社ユーグレナ(本社:東京都、代表取締役社長:出雲 充、以下ユーグレナ社)のライフスタイル新ブランド「lavita ORGANICS(ラビタオーガニクス)」で全面採用されました。
 「米もろみ粕エキス((アスペルギルス/サッカロミセス)/コメ発酵エキス液)」の効能・テクスチャー・見た目・安定性・香り等が評価され、高機能な植物と発酵の力に着目したブランド「lavita ORGANICS」において、スキンケア、ヘアケア、ボディケアの共通成分として採用。「lavita ORGANICS」は、2022年5月1日(日)より販売が開始されます。


■ファーメンステーションの開発するオーガニック発酵原料
 ファーメンステーションでは、有機JAS認証のオーガニック米から、独自の発酵・蒸留技術をもとに、USDAオーガニック認証およびエコサートCOSMOS認証を取得済みのオーガニックライス・エタノールおよびオーガニック米もろみ粕(蒸留粕)をオーガニック原料として製造してまいりました。エタノールは、国産原料をもとに国内製造しており、国内でオーガニック認証を取得しているのはファーメンステーションのエタノールのみとなります。化粧品・日用品・雑貨などにおいてもサステナビリティやトレーサビリティが求められる中で、国産のオーガニック認証のエタノールや発酵原料には大きな期待がされています。

 今回採用された「米もろみ粕エキス((アスペルギルス/サッカロミセス)/コメ発酵エキス液)」は、有機JAS認証のオーガニック米を発酵し抽出される発酵粕をもとに、植物由来のBGやオイル(溶媒)で抽出したエコサートCOSMOS認証のエキス原料です。セラミドやアミノ酸を多く含むため、肌を保湿し、バリア機能をサポートしてくれる働きがあります。
 ファーメンステーションでは、他にも天然由来100%の発酵エキスや外部パートナーとオリジナル発酵原料製造なども手掛けており、発酵技術を活用し素材本来の機能性を引き出した原料化や、規格外の農産物など未利用資源をアップサイクルした原料などの開発も行っております。

■ライフスタイル新ブランド「lavita ORGANICS(ラビタオーガニクス)」
 「lavita ORGANICS」は、これから時代の健康や美しさ、人々の生活、環境の調和を考えたオーガニックケアプロダクトが揃う、ライフスタイルブランドです。アップサイクル原料やフェアトレードに基づいた原料を積極的に取り入れ、心身ともに前向きに整えてくれるものづくりを目指しています。



                     ブランドコンセプト
                   毎日が楽しさに満ちていく
                  A PLEASURE OF DAILY LIFE

                      すべての人へ
                  日々の生活を楽しくおくるために。
             しっかりと効果があり、頼りになる存在であること。
                心地よく、自分らしさを支えてくれること。
                からだが本来持っている生命力に注目し、
                植物の力と環境に調和したケアプロダクト
                    ラビタ オーガニクス

 ユーグレナ社では、2020年にユーグレナ・フィロソフィー「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」を掲げ、各商品ブランドをはじめとする企業活動全体にサステナビリティの実装を進めています。「lavita ORGANICS」は以下の点でもサステナビリティに貢献しています。

・世界基準のCOSMOS認証に基づいたものづくりを行っています
世界約70ヶ国、2万6000アイテム以上に採用されている、世界規模のオーガニック認証です。COSMOS認証の基本的なルールは以下の4点です。

有機農業や生物多様性を尊重した原材料の使用を促進する。
循環可能な形で入手した自然由来原料と、環境にやさしい素材を使う。
人間と地球環境に配慮したものづくりを行う。
グリーンケミストリー※の考え方にそった商品開発を行う。

※生態系に与える影響を考慮し、持続・成長可能な化学工業のあり方を提言する環境活動のこと。

・商品をご購入いただいた売上の一部で、バングラデシュの子どもたちに栄養豊富なユーグレナ入りクッキーを届けます

■ファーメンステーションのナチュラル・オーガニック商品OEM・ODM
 ファーメンステーションでは原料開発だけではなく、オリジナル発酵原料であるオーガニックライス・エタノールやオーガニック米もろみ粕(ともにオーガニック認証取得)などサステナブルな原料や、環境に配慮した製法にこだわった、ナチュラル・オーガニック処方の化粧品・日用品・雑貨のOEM・ODMで、様々なブランドの商品開発をご支援しています。単なる製品開発受託ではなく、コラボレーション型の開発を行うことで、お客様に合わせた原料提案から商品開発までを一貫して引き受け、ストーリーのあるオリジナル商品を開発し、販売促進の協力までサポートすることがファーメンステーションのOEM・ODMです。
 規格外の農産物等の未利用資源をアップサイクルした原料や地域の原料を活かした処方提案や、製造プロセスで再生可能エネルギーを活用し動物実験を行わないなど、サステナブル・クリーンな考え方に基づく製品開発を得意としています。

 ファーメンステーションが行うOEM・ODMの主な特徴は、下記ページにて詳しくご確認いただけます
 https://fermenstation.co.jp/oem/#oem_feature


 実際の商品開発においては、化粧品・雑貨・日用品に渡り、幅広い製品の開発に小ロットから対応可能です。全ての製品に共通して、ナチュラル・オーガニック処方を基本に、サステナブルなオリジナル原料や環境に配慮した容器・資材の活用にこだわったご提案を行い、お子様から使える年代・性別を問わない製品設計でお応えします。肌にやさしいテクスチャーの追求やブランドの個性を表現する香りの調合など、細部にこだわったご提案をいたします。

 現時点でご対応可能な製品は下記ページにて詳しくご確認いただけます。順次対応製品は拡大予定です。
 https://fermenstation.co.jp/oem/#oem_products
 また、ご支援事例は下記ページにてご確認いただけます。
 https://fermenstation.co.jp/oem/casestady/



【ファーメンステーションについて】
 ファーメンステーションは「Fermenting a Renewable Society(発酵で楽しい社会を!)」をパーパスに、未利用資源を再生・循環させる社会を構築する研究開発型スタートアップです。岩手県奥州市に研究開発拠点兼自社工場(奥州ラボ)を持ち、独自の発酵・蒸留技術でエタノールやサステナブルな化粧品原料などを開発・製造しています。これらのサステナブル原料を化粧品・ライフスタイル製品の原料として化粧品メーカー・原料卸に販売する原料事業のほか、自社ブランドによるオーガニック化粧品事業、原料提案から製品開発まで一貫して引き受けられる化粧品・ライフスタイル製品等のODM/OEM事業を行っております。また、食品・飲料工場の製造過程等で出る副産物・食品残さなどの様々な未利用資源を活用しアップサイクルすることで、新たな高付加価値の商品を生み出す事業開発を大企業との共創を通じて取り組んでおります。

 また、エタノールの製造過程で生成される発酵粕は、化粧品原料や地域の鶏や牛の飼料として利用し、さらに鶏糞は水田や畑の肥料にするなど、廃棄物ゼロの循環型モデルを構築し、地域循環型社会の形成にも取り組んでおります。

会社名 : 株式会社ファーメンステーション
代表者 : 代表取締役 酒井 里奈
所在地 : 〒130-0003 東京都墨田区横川1-16-3 センターオブガレージ Room04
設立 : 2009年7月7日
事業内容 : アルコール等の化粧品・雑貨・食品向け原料提供/開発、化粧品・雑貨OEM/ODM、未利用資源を活用した事業共創、自社オーガニックブランド事業
自社サイト : https://fermenstation.co.jp/
オンラインショップ: http://www.fermenstation.jp/
共同開発商品紹介 : https://fermenstation.co.jp/collabo/#products
OEM/ODMご案内 : https://fermenstation.co.jp/oem/

このニュースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
株式会社ファーメンステーション 北畠 Tel:03-6206-9485 E-mail:info@fermenstation.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)