広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

骨セメント市場、2028年には16億2,652万米ドル規模に到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「骨セメントの世界市場(2028年までの予測)- COVID-19の影響と分析:タイプ別、用途別、エンドユーザー別」(The Insight Partners)の販売を2022年3月22日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1064197-bone-cement-market-forecast-covid-impact-global.html





骨セメント市場は、2021年の11億300万米ドルから2028年には16億2,652万米ドルに達し、年平均成長率は5.7%と予想されています。
骨セメントは、骨粗鬆症、変形性関節症、関節リウマチ、外傷性関節炎、血管壊死、外傷による重度の関節破壊、膠原病、過去の関節形成術の再手術などの整形外科筋骨格系外科手術において、人工関節を骨に固定するために使用されています。

骨セメント市場は、製品タイプ、用途、エンドユーザー、地域に基づいて分析されます。地域別では、骨セメント市場は北米、欧州、アジア太平洋地域、中東・アフリカ(MEA)、中南米に大別されます。

市場動向
骨粗鬆症の増加により、骨セメント市場の成長が促進
骨粗鬆症は、骨密度の低下と骨組織の劣化で、骨折のリスクを高めます。近年、骨粗鬆症の患者数は増加傾向にあります。
例えば、2020年10月にRestore Programmeが発表した記事によると、毎年、骨粗鬆症は世界で890万件以上の骨折を引き起こしており、これは3秒に1件の割合に相当し、50歳以上の女性の3人に1人、男性の5人に1人が骨粗鬆症性骨折を患っているとのことです。


また、国際骨粗鬆症財団によると、世界の股関節骨折の発生率は、2050年までに1990年比で女性240%、男性310%で増加すると推測されています。また、2050年には骨粗鬆症性股関節骨折の約50%以上がアジアで発生する可能性があると推定されています。欧州29カ国(欧州連合+スイス、英国)では、国際骨粗鬆症財団のデータにより、2019年の新たな脆弱性骨折の発生件数は430万件に達し、内訳は股関節骨折82万6,708件(19%)、前腕骨折63万6,705件(15%)、椎体骨折66万2,544件(16%)、その他の骨折214万9,591件(50 % )と予想されました。同様に、2019年から2034年の間に、50歳以上の人口は11.4%増加すると予測されています。75歳以上人口が大きく増加し、女性29.6%、男性42.6%となります。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1064197-bone-cement-market-forecast-covid-impact-global.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)