金融 医療・医薬・福祉

エイジテック/フィンテックサービスのKAERU、総額1.4億円の資金調達を実施

KAERU株式会社
プロダクトと組織作りを強化

超高齢社会のお買いものをなめらかにするためのエイジテック/フィンテックサービスを提供するKAERU株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:岡田 知拓、以下 KAERU)は、プレシリーズAラウンドにおける第三者割当増資と金融機関からの融資にて、総額1.4億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。第三者割当増資の引受先は、W ventures株式会社、Sony Innovation Fund、株式会社FINOLAB、南都キャピタルパートナーズ株式会社、株式会社ベンチャーラボインベストメント、G-STARTUPファンドになります。調達した資金はアシスタントプリカ「KAERU(かえる)」をより一層強化するためのプロダクトの磨き込み、ユーザー獲得チャネルの開拓、採用をはじめとしたKAERUの組織力強化に充てる予定です。






資金調達の目的・背景

アシスタントプリカ「KAERU」は、2021年9月にβ版のメモ機能をリリース後も、引き続き「利用者が本当に使いやすい」サービスを提供するため、利用者からのヒアリングを通したプロダクトの磨き込みに一層力をいれております。獲得した資金は、アシスタントプリカ「KAERU」の本格的なサービス展開をはじめ、今後追加を検討している機能の開発やユーザー獲得チャネルの開拓に充てる予定です。今後も超高齢社会におけるやさしい金融サービスの提供を通して、安心して歳を重ねられる社会の構築及び、誰もがお買いものを楽しみ続けられる世の中にすることを目指してまいります。また、KAERUでは「働きやすさ」を重視した様々な働き方を取り入れておりますが、より一層KAERUの組織力を高めるため、採用強化や新たな人事制度の拡充も検討しています。


資金調達概要

<今回の資金調達額>
1.4 億円

<引受先(順不同)>
W ventures株式会社
Sony Innovation Fund
株式会社FINOLAB
南都キャピタルパートナーズ株式会社
株式会社ベンチャーラボインベストメント
G-STARTUPファンド


引受先からのコメント

【W ventures株式会社 パートナー 服部 将大 氏】


会社設立のタイミングから参画させていただいて約1年になりますが、経営チームのお二人の課題に対し誠実に向き合う姿勢を見てきて、改めてこのチームをご支援することができて良かったなと感じています。フィンテック×エイジテックは巨大市場でありながら、ユーザーとの繊細なコミュニケーションや機微を捉えることが重要で、即ちそれらが高い参入障壁になっています。KAERUは認知症当事者や高齢者の生活に密着し、チームにも迎え入れることで見えてきたペインポイントをプロダクト開発に生かし特異的なポジションを築いてきました。今回のラウンドも組成からクローズまでサポートすることができ嬉しく思い、今後も当社のさらなる成長に貢献していきます。

【ソニーベンチャーズ株式会社 CEO 土川 元 氏】


シニア世代と金融との接点を維持していくことは高齢化の進む日本における大きな課題です。KAERUはキャッシュレス業界での知見に加え、ユーザー目線に立ったスマートフォンでも使い易い買いものアシスタントサービスを開発しています。今後さらに、シニア世代やその支援者の暮らしを支える価値を提供していくことを期待しています。

【株式会社FINOLAB 代表取締役 伊藤 千恵 氏】


岡田さんと福田さんが掲げる、「誰もがお買いものを楽しみ続けられる世の中にする」というビジョンに共感し、投資させていただきました。認知症や高齢で物忘れが多くなっても、少しのサポートがあれば尊厳を持って行動できる、そんな未来を実現してくれると確信しています。FINOLABはKAERU社の挑戦に伴走し、その成長を支援し続けてまいります。

【南都キャピタルパートナーズ株式会社 代表取締役社長 堺 敦行 氏】


KAERU社では「誰もがお買いものを楽しみ続けられる世の中にする」というビジョンのもと、お買いものを楽しめない事情のある方に寄り添ったサービスを開発されています。南都銀行グループにおいても、地域の皆様がお抱えの課題に寄り添い、より利便性の高いサービスを提供することは重要な責務です。KAERU社との協業により、私どもがこの責務を果たすことに繋げたいと考え、今回の出資を決定いたしました。さっそくKAERU社との議論を始めており、今後は新たなサービスの具現化に向けて一緒に進んで参ります。

【株式会社グロービス ベンチャーサポートチーム 山中 礼二 氏】


KAERU社はアクセラレータープログラムG-STARTUP(後述)に参加しており、そのご縁でグロービスの「G-STARTUPファンド」より今回投資をさせていただきます。特にKAERU社は高齢社会ならではの課題を解決に導くことができると期待しております。認知機能の低下に関わらず、誰もが尊厳をもった消費者になれる社会をこの卓越したチームがデザインすると信じています。


KAERUの働き方のご紹介

KAERUでは、様々なバックグラウンドをもった人がそれぞれの希望を相談しながら働いています。今回調達した資金は更なる採用強化にも充てる予定です。スタートアップだからこその柔軟な働き方や、安心できる制度を今後も充実させてまいります。

■働く場所、時間、日数を自由に選択
KAERUでは、それぞれのバックグラウンドに応じて、働く場所、時間、日数をフレキシブルに調整しています。例えば、他の会社の正社員として働いているメンバーが、週4日他社で働き、定休日の1日だけKAERUでも正社員として働いていたり、子育てを中心にするため、週単位で働く時間を決めていたり、正社員・業務委託などの雇用形態に関わらず、皆それぞれの事情や希望を相談し働き方を決めています。

※KAERUでは一緒に働くメンバーを募集しています
・KAERU採用情報についてはこちら
https://round-espadrille-c61.notion.site/KAERU-98a478e1ddd94e548898165da8ae1561


アシスタントアプリ「KAERU」と実装したアシスタントプリカ機能とは

買い忘れや多重買いといった、もの忘れが増えてきた方や認知症と診断された方が心配されているお買いものでのお困りごとをアシストしてくれるアプリ「KAERU」は 、2021年9月にお買いものメモ機能がついた「KAERU」β版をリリースしました。今春より、国際ペイメントネットワークブランドMastercard(R)がついたプリペイドカードのアシスタントプリカ機能(特許出願中)を実装し、ペイメント機能とその他オプション機能をつけてサービスの本格始動をいたします。アシスタントプリカ機能へ申し込みをすると無料でプリペイドカードが発行され、ご自身でチャージが可能です。また、オプションであるパートナー機能を利用することでご家族からのチャージやご家族への通知が設定に応じてされるようになります。

・詳しい資料のご請求(無料)はこちら
https://kaeru-inc.co.jp/service#document_request


KAERU株式会社について

KAERU株式会社は、超高齢社会におけるやさしい金融サービスの提供を通し、安心して歳を重ねられる社会の構築及び、誰もがお買いものを楽しみ続けられる世の中にすることを目指しております。

■サービス名「KAERU(かえる)」に込められた想い


社名にもなっているKAERUには、3つの意味を込めています。
・自由にものを『買える』
・利用者ご自身やお財布がちゃんとおうちに『帰る』
・加齢により認知機能が低下するとお買いものをできないと言われている常識を『変える』

■グロービス主催アクセレータープログラム『G-STARTUP』第4期に採択
株式会社グロービス(本社:東京都千代田区、代表取締役:堀義人)が主催するユニコーンを目指すスタートアップ企業を対象としたアクセラレータープログラム『G-STARTUP』(https://g-startup.jp/)の第4期(4th Batch Main Track)に採択されました。

詳しくはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000052928.html

【G-STARTUPとは】
「G-STARTUP」は、ユニコーン企業を100社輩出するプラットフォームを目指し、2019年4月にスタートしました。将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップの起業家を採択し、グロービスが培ってきた5つのインフラ(ヒト、カネ、チエ、ネットワーク、大企業連携)を提供することで、プロダクト、ビジネスモデル、チームの成長を支援し、ユニコーンとしての成長に必要な資金調達を支援します。

G-STARTUPについてはこちら
https://g-startup.jp/

■Plug and Play Japan主催のアクセラレータープログラム「Winter/Spring 2022 Batch」に採択、Fintech部門における「EXPO Startup Award」を受賞
Plug and Play Japan 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)主催のアクセラレータープログラム「Winter/Spring 2022 Batch」に採択されFintech部門にて「EXPO Startup Award」を受賞しました。

【Plug and Play Japanのアクセラレータープログラムとは】
Plug and Play Japanの企業パートナーと国内外のスタートアップ企業を結び、新たなイノベーションを創出することを目的としています。本プログラムを通し、企業パートナーは自社のイノベーションを加速させるような国内外スタートアップとのマッチングが可能になり、スタートアップは幅広く大手企業との連携機会を得られます。プログラムの締めくくりには成果を発表する「Summit」を開催。国内だけでは得られないようなイノベーションに関する最新情報を取得できるほか、業界の垣根を超えた交流が生まれる場となっています。

Plug and Play Japan HPについてはこちら
http://japan.plugandplaytechcenter.com/

成果発表summitについてはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000028153.html


経営陣プロフィール

■KAERU株式会社 代表取締役CEO 岡田知拓プロフィール
KAERU株式会社 代表取締役
新卒で決済ベンチャーの法人営業・事業開発を担当。海外に拠点を移してからは、東南アジアのスタートアップにジョイン。その後、日本に戻りLINE株式会社に入社。LINE Payサービスの立ち上げ初期から、戦略立案から個別のプロダクト企画など、広範にグロースに携わる。利用者にとって、より付加価値のあるペイメントサービスを創りたいと考え、福田とKAERU株式会社を創業。

■KAERU株式会社 取締役COO 福田 勝彦プロフィール
KAERU株式会社 取締役
公務員、ボストンコンサルティンググループ、株式会社ネットプロテクションズを経て、株式会社メルカリ/同メルペイの新規事業で、コールセンター、オペレーション部門立上げに、責任者として従事。立ち上げに関わったプロダクトは、メルカリ カウル、メルカリNow、メルペイなど多数。

【KAERU株式会社 会社概要】
社名 : KAERU株式会社
代表者:代表取締役 岡田知拓
所在地:東京都中央区日本橋兜町17番2号 兜町第6葉山ビル4階
設立 :2020年10月
事業内容:お買いものアシスタントアプリ「KAERU」の企画・運営
URL :https://kaeru-inc.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)