美容・健康 アパレル・ファッション

SUQQU最高峰のエイジングケア※1ラインから、素の肌へ、新しい艶を宿すことを目指した「ヴィアルム ザ クレンジング クリーム」誕生。

株式会社エキップ
2022年4月1日(金) 全国発売 / 2022年3月25日(金) 予約開始

艶めきへの序奏。 落とす時間に贅を尽くし 、“素の艶 ”を宿す。 艶肌のためにできることを、クレンジングでアプローチ。


SUQQU ヴィアルム ザ クレンジング クリーム
SUQQU ヴィアルム ザ クレンジング クリーム
容量:125g 価格:税込 11,000円(本体価格 10,000円)

肌にうるおいと光を丁寧に重ね、 艶を仕込み、めぐらせ、育む。
SUQQU最高峰のエイジングケア※ライン「ヴィアルム」のスキンケアがめざす「SUQQUの艶」を、より美しいものにするため、汚れを落として、まっさらな素肌の艶を見出し、仕込む。
これがヴィアルム ザ クレンジング クリームの役割です。

クレンジングとは、メイクや肌の汚れ、老廃物を取り除くケアである一方、一日の終わりに素の自分へ還る、貴重なひとときを司るもの。
SUQQUの粋を極めたマッサージメソッドとともに、毎日のケアを特別なものにし、素の肌へ、新しい艶を宿すことを目指したクレンジング クリームです。
※1 美しく年齢を重ねるためのうるおいケア


艶肌のためにできることを、クレンジングでアプローチ

1、うるおいをたたえた肌へ
こっくり濃厚、固形状で硬めのソリッドオイルを配合。
メイクや汚れを洗い落としたあとに、ソリッドオイルが薄膜のヴェールとなって肌表面にとどまり、しっとりとした洗いあがりへ。
肌の水分を奪いすぎず、うるおい感のある状態に。

〇 4種の天然由来植物オイル(保湿)を配合…アボカド油/メドウフォーム油/月見草油/シアバター

2、しなやかですっきりとした肌へ
ソリッドオイルを、ウォーター層で包み込む2層構造を採用。
美容液やクリームに配合される水系成分からなるウォーター層で、ソリッドオイルを包み込み、絶妙な厚みがありながら、伸びが良く、さらに肌どまりも良いテクスチャーを実現。


〇中心:ソリッドオイル…薄膜ヴェールをつくる、固形状の油系成分
〇外側:ウォーター層…やや硬めの粘度を感じられる水系成分の層


3、透き通るような透明感のある肌へ
毛穴にたまったファンデーションや汚れまで、巻き込んでしっかりと落とす、ホワイトクレイ※2を配合。
さらさらときめ細かく、肌あたりが優しいパウダーで、洗い流した後はなめらかな肌に導きます。
クレンジング後は毛穴すっきり。汚れが落ちることで透明感のある肌へ。
※2 カオリン(吸着成分)

4、キメ細やかでなめらかな肌へ
メイクをオフするだけでなく、素肌のキメまで整えるために、植物由来の微細なスクラブを配合。
毎日のお手入れで、古い角質を落とし、なめらかでクリアな肌印象に。
毎日使うものだからこそ、力をかけなくてもスムーズに溶けていく肌に優しいスクラブを採用。
マッサージしながら優しくなでることで、キメの整った肌へ。


一日の終わりに、こころから寛げ、幸福感が高まるような、品格あるフローラル ウッディの香り。

「ヴィアルム」ライン共通の、気品あるアンバー調フローラルウッディの香り。
華やぎの中に深い落ち着きと静けさがある香りが、クレンジングをひときわ贅沢な時間にします。


ヴィアルム ザ クレンジング クリームのために開発したマッサージメソッド

伸びが良く、肌どまりも良いテクスチャーのクリームで、クレンジング時に肌をマッサージしながらメイクオフ。
マッサージ後、すっきりとした印象へ導きます。

【すっきりとした印象に導くマッサージメソッド】
マスカット粒大のクリームを手に取り、額、鼻筋、両頬、あごにクリームを置いて伸ばします。
マッサージは両手の指先を使い、力を入れず、やさしく行います。



―――――
SUQQU ヴィアルム ザ クレンジング クリーム
【予約開始】2022年3月25日(金)
【全国発売】2022年4月1日(金)
特設サイト:https://www.suqqu.com/product/vialume-the-creansing-cream/
―――――

[ご掲載クレジット・お客様相談窓口]
SUQQU フリーダイヤル 0120-988-761
オフィシャルサイト http://www.suqqu.com
Instagram  https://www.instagram.com/suqqu_official
Twitter https://twitter.com/suqqu_official
Facebook https://www.facebook.com/suqqu.official
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)